誰にでもカワイイ時はあった ー 慣れてきた! 編 ー

まずはサンポ。初日こそチノピノに「シャーシャー」言っていましたが、二日目くらいからすっかりいたずらっ子な顔になっています。

警戒度MAXだったのに、いきなり慣れすぎなヒト(笑)

ある猫の本に「最初は必要なとき以外はあまり近づかず、好きにさせて置くのがベスト。心の扉が少し開いた時に、しっかり遊んで可愛がってあげれば懐いてくれるはず」とありましたが、チノはまさにそんな感じでした。

ピノの要求顔は今も変わらない。

この後、我が家にすっかり慣れたチノピノには、仔ネコと暮らす大変さと恐怖をタップリ味わされたのでした。この頃は古民家に住んでいたのですが、家ごと破壊されるのでは…と思った程(笑)。でも、チノピノのおかげで、ただカワイイだけでなく、「ネコを飼う」ということに対する自信と責任感を持つことができるようになりました。鍛えられた。

チロは少し経ってからの写真になってしまいました。すぐに慣れてくれたのですが、この頃はコンパクトカメラしかなく、ブレブレな写真ばかりで…(涙)

そしてそぼろ。我が家にきたその瞬間から遊び、ベッドで寝て、チノピノのトイレで用を足す大物中の大物(笑)。

でも彼なりに緊張はしていたはず。今やすっかりボクの家&ボクのニーニとネーネと執事タチ。

これまで我が家に来た仔ネコは5匹。
ピノ・サンポ・そぼろ・チロはあっという間に慣れてくました。チノは三日か四日ほど大変でしたが、とても大切な点を学ばせてくれました。愛情を込めて優しく接していれば、いつか絶対に心を開いてくれるということを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チノピノそぼろのごはん

ネコを飼うということ

関連記事

  1. そぼろとピノ

    そぼろは、チノに比べるとピノにはちょっとだけ恐れをなしているのですが、のハズなのですが、、、朝食…

  2. チノ病院へ

    チノ、「ちの動物病院」へ行ってきました。車の中では「出せー」の連呼ですが、、、診察台の上…

  3. そぼろの耳掃除

    「そぼろの耳掃除で、耳垢ぼろぼろ♪♪」というのは冗談でして、お医者さんに一度診ていただいた際、「…

  4. よき教師、兄弟、そして親

    そぼろは現在「社会化期」。いろーんな経験を通して社会性を身につけていく、とても重要な時期です。と…

  5. ネコを飼うということ

    行きつけのホームセンターへ買い出しへ。その際ペットコーナーにも必ず立ち寄るのですが、小学生低学年くら…

  6. そぼろの健康診断

    そぼろは保護直後に病院に連れて行っていただき健康診断をしてもらっていますが、かかりつけのお医者さんへ…

  7. そぼろのあだ名

    本日業務過多のため、簡単更新。そぼろには早速いろんなあだ名がついています。+++++++…

  8. ネコ分不足

    わずか2日半家を空けていただけで、深刻なネコ分不足。というわけで、急ぎ足で「ネコ分スタンド」へ帰って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP