銀次郎

晩秋の頃出会った灰トラの仔ネコ。とても人懐こい仔で、「銀次郎」と呼んで可愛がっていました。
落ち葉の中の銀次郎
兄弟ネコはミケやキジトラの茶系でしたが、彼だけ灰トラでした。
兄弟猫はミケとキジトラ
前足がとてもがっしりしていた仔でしたので、きっと大きな立派なオスになったんだろうなぁ。
秋の日差しに映える銀次郎。

今も元気してるかなぁ。

お留守番

驚異の可動域

関連記事

  1. 団地のミケちゃん

    以前住んでいた団地に住んでいたネコ。とっても美人な三毛猫ちゃん。団地の方から可愛がられており…

  2. 遊びながら学ぶ

    七十二候「鷹乃学を習う(たかすなわちわざをならう)」・・・幼い鷹が飛ぶことを覚える時期。子ネコた…

  3. 苔のじゅうたん

    雨滴り、苔茂る頃。苔のじゅうたんで子ネコが毛づくろい。「ちょっとー」みたいな顔をされてしまいまし…

  4. 暖を求めて

    七十二候「蟄虫戸を戸を坏す(すごもりのむしとをとざす)」。虫たちが土の中で冬眠の準備を始める季節にな…

  5. 帰省先での出会い ♪

    先週は妻の実家に帰省してました。その実家の近くで出会ったネコたちです。甘えん坊な白黒ちゃん。わた…

  6. 沖縄キャット

    旅行で沖縄に行った時に出会ったネコたち。まずは「今帰仁城」から。ここの猫ちゃんは営業部長。「…

  7. 続・沖縄キャット

    続・沖縄で出会ったネコたち。那覇空港から15分の「瀬長島」から。ここはなんとネコの島でした!…

  8. ネコと秋

    台風22号がやってきて、またまた雨の日に逆戻り。チノピノそぼろも寝てばっかりです...というわけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

最近のコメント

PAGE TOP