銀次郎

晩秋の頃出会った灰トラの仔ネコ。とても人懐こい仔で、「銀次郎」と呼んで可愛がっていました。
落ち葉の中の銀次郎
兄弟ネコはミケやキジトラの茶系でしたが、彼だけ灰トラでした。
兄弟猫はミケとキジトラ
前足がとてもがっしりしていた仔でしたので、きっと大きな立派なオスになったんだろうなぁ。
秋の日差しに映える銀次郎。

今も元気してるかなぁ。

お留守番

驚異の可動域

関連記事

  1. 迷彩色cat

    休耕中の田んぼに突如現れたネコ。背景に溶け込んでいました。ちょっと警戒しているようでしたので…

  2. 団地の兄弟ネコ

    実はミケちゃんには兄弟ネコがいまして、それがまさかの白黒さん!!うーむ、ネコの毛色や模様の遺伝ってや…

  3. 秋と仔ネコ

    澄んだ青空広がり、空が高く感じられ、コスモスが咲き始め、朝晩は涼しくなり、、、、一年で最も快適な時期…

  4. 遊びながら学ぶ

    七十二候「鷹乃学を習う(たかすなわちわざをならう)」・・・幼い鷹が飛ぶことを覚える時期。子ネコた…

  5. 団地のミケちゃん

    以前住んでいた団地に住んでいたネコ。とっても美人な三毛猫ちゃん。団地の方から可愛がられており…

  6. お花畑の中で

    お花畑の中で佇むキジトラくんです。夕方の日差しをいっぱい浴びて気持ち良さそうにしています。ま…

  7. 暖を求めて

    七十二候「蟄虫戸を戸を坏す(すごもりのむしとをとざす)」。虫たちが土の中で冬眠の準備を始める季節にな…

  8. 苔のじゅうたん

    雨滴り、苔茂る頃。苔のじゅうたんで子ネコが毛づくろい。「ちょっとー」みたいな顔をされてしまいまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

最近のコメント

PAGE TOP